top of page
  • 執筆者の写真若山 勝(プレイグリーン推進協会代表)

10月14日(土)は大師公園で開催します!




こんにちは、プレイグリーンパーク事務局です。

再来週の10月14日(土)はいよいよ「大師公園」の開催になりました!(雨天は15日に順延です)


今回は川崎区の市民団体や企業、自治体のみなさんが大師を中心に地域を盛り上げている


\公園をつかいこなす/​

ゆるっとまるっとパーク大作戦


とご一緒させていただきます。(実行委員会にまぜてもらいました) プレイグリーンパーク以外にも魅力的なイベントが沢山あるので、イベントページをチェックしてみてください。

<大師公園イベントページを見てみる> 大師公園は2019年1月にはじめて開催し、そのあと今年の3月に開催を予定していたのが雨で流れてしまったのですが、今回こそは開催できると楽しみにしています♪


お越しの際には公共交通機関をご利用ください!といういつものお願いにあわせ、川崎区内の大師地区・田島地区の一部で、近くまでやってきて、好きなところまで運んでくれるすごい移動サービス「のるーとKAWASAKI」がイベント開催日は無料で体験できるらしいので、興味のある方はそちらのご利用も検討ください。




「プレイグリーンパークかわさき2023 supported by ブラザー」は、来年2024年に市制100周年を迎える川崎市が開催する記念事業「全国都市緑化かわさきフェア」の前にあたる今年、公園に来てゲンキに遊んでもらいながら、フェアをみんなに知ってもらうために川崎市の全7区で開催を予定しているイベントです。


おかげさまで全7区のうち3区で開催できました。 <プレイグリーンパークかわさきの特設サイトを見てみる>


今ブログを書いていて、会場では大なわとびとか回してるパークの事務局員『もじゃ兄さん』は、川崎市の界隈で周りの団体さんから「あの人、雨男だから気をつけて!」とアラートを立てられているのですが(><)、強風でテントが壊されたり(橘公園)、猛暑で熱中症になりそうだったり(等々力緑地)、直前まで雨だったり(宮崎第4公園)と紆余曲折がありながらも、市役所の若者たちや、ボランティアの皆さんにも沢山協力してもらってなんと開催できていて、会場にはたくさんのちびっ子たちがパパとママと一緒に遊びに来てくれています。 そしてちびっ子たちが楽しそうに遊んでくれているのをみて「うん、まぁ大変だけど次回も頑張ろー」となるので、パークの開催に一番貢献してくれてるのは実はちびっ子たちです。


あ、でも大変っていっても1泊2日でキャンプに行くレベルの大変さなので心配しないでください。


プレイグリーンパークの目的は

・親子で一緒にゲンキに遊んでもらうこと

・パークが終わったあとも、その場所で親子で一緒にゲンキに遊んでもらうこと

・緑や公園、自分たちのまちを好きになってもらうこと


なので、遊びに来てくださった際には、是非見てるだけではなく親子で一緒に沢山遊んであげください。ちびっ子たちが一番うれしいのは、パパやママがホンキで一緒に遊んでくれることです。


あ、でも奇跡的に3回連続で晴れているのでそろそろ次くらいは、、、いや、大丈夫です。


晴れてみなさんが遊びに来てくれるのを楽しみにしています。



閲覧数:214回0件のコメント

Comments


bottom of page